スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローズヒップオイルの成分と効能効果

ローズヒップオイルの成分と効能効果

ローズヒップオイル成分は、リノール酸やγリノレン酸という成分を多く含みます。これらは乾燥肌を防ぐ働きや、皮膚を健康な状態に保つ働きを持っています。

ローズヒップオイルには、精製と未精製がありますが、未精製は黄色がかった色で独特の匂いがあり、精製ローズヒップオイルは無色透明に近く、匂いも少ないですが、未精製のものの方がローズヒップオイルそのものが持つ栄養分が多く含まれています。

ローズヒップオイルは非常に栄養価が高いオイルなので、マッサージオイルとして使用する場合グレープシードオイルやスイートアーモンドオイルなど他のキャリアオイルに混ぜて使ってもいいですし、美容液として顔に使用する場合にはそのまま使用することもできます。

「メドウズベースオイルローズヒップオイル」というローズヒップオイルは、精製油で、フェイスオイルとして使われることが多くなっています。ローズヒップオイルの中でも、いろいろな通販サイトで人気がある商品です。

メドウズローズヒップオイル

生活の木ローズヒップオイル」は、チリ原産のローズヒップから抽出されたオイルで、マッサージオイルとして使用されることが多い商品です。
GAIAオーガニックローズヒップオイル」は、天然ローズヒップオイルとして有名です。

スポンサーサイト

テーマ : 健康、美容、ダイエット - ジャンル : ヘルス・ダイエット

ローズヒップオイル

ローズヒップオイル
ローズヒップオイルは美容効果が高く、肌荒れやシワ、アンチエイジング効果が働きがあります。シャンプーや化粧品に配合されていることがありますが、ローズヒップオイルそのものを美容液として使うこともできます。
ローズヒップオイルの使い方は、それほど難しくありません。小さな瓶に入った状態で売られているので、洗顔後、化粧水を使った後に使用するのが一番良いでしょう。小瓶に入っていることからも分かるように、一度に、大量に使うものではありません。利用の際は、2~3滴、手になじませて使います。顔に使う場合は、マッサージするように、顔全体に塗り込むようにします。ローズヒップオイルを肌になじませることで、乾燥肌をも和らげる効果があります。入浴後の、肌が乾燥する前に行うと、効果が一段と表れやすいでしょう。毎日続ければ、冬の乾燥時期にカサカサすることもなく、乾燥肌の予防にもなります。

【ピュアビローズヒップオイル】【★Growup★コスメから雑貨まで人気アイテムが満載!】【ピュアビローズヒップオイル】
2,709円

サラサラの天然オイルで肌を美しくサポート!
Ads by STMX

テーマ : 健康、美容、ダイエット - ジャンル : ヘルス・ダイエット

ローズヒップオイル使用の注意

ローズヒップオイル使用の注意

ローズヒップオイルを使用するときには、いくつかの注意点があります。ローズヒップオイルの特徴として、酸化しやすい、とい点が挙げられます。基本的に、開封後1ヶ月以内で使い切るようにすると良いでしょう。
保管の際は必ず、日の当たらないところで保管しましょう。冷蔵庫での保存をおすすめします。

ローズヒップオイルは酸化しやすいのですが、マッサージでローズヒップオイルを使用した場合、服やタオルにローズヒップオイルが付着することがあります。その場合、時間がたつと酸化臭がするようになり、洗濯してもなかなか消えないので注意してください。

また、酸化したローズヒップオイルは肌トラブルの原因となりますので、開封後時間が経ったローズヒップオイルは肌につけないように気をつけてください。

テーマ : 健康、美容、ダイエット - ジャンル : ヘルス・ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。